両親の勤務体系から長時間の保育や、変則的な時間の保育が求められています。子どもの側から考えれば、たとえば11時間にわたる時間の集団保育は、かなり緊張を強いられることもあります。
二重保育の弊害をうえる考え方もありますが、施設にいても勤務体系の関係から、保育者が複数にならざるを得なくなってしまいます。



さらに日暮れてからも、施設で過ごす日々は口に出さなくても心の奥でさみしさを、感じてしまいます。

目覚めてすぐに施設に連れて行かれ、微睡の中で家に戻るという毎日は家庭という心の安定基地の存在を、揺るがすことにもなりかねません。この点夕方、園に迎えに行って家庭に連れ帰って行う在宅保育には、次のようなメリットがあります。

今、最も注目を集めるベビーシッターに関する特集の情報が満載です。

深夜施設で眠りについてから起こされて、家に帰る必要がありません。



冬の凍てつくような夜、雨の激しい夜の迎は子供ばかりでなく、保護者にとっても負担になります。
集団保育と保護者の養育の中で表せない感情を、発揮できることがあります。

子どもは集団の中でのよい子、両親の期待にそうよい子を無意識的に演じていることがあります。

ベビーシッターだけに向けられる、小さな反抗やわがままが心の底にある不満、不安、寂しさなどを表していることが、実際に多くあります。
自分のために迎えに来るベビーシッターが集団の中の一人であった自分の存在を、かけがえのない自分としてしっかりと受け止め共感することで、子どもの気持ちが安定することになります。


ベビーシッターは、集団保育と家庭をつなぎ子どもの心を受け入れる、大きな役割を果たすことができます。