女性の社会進出が進む現代、結婚して出産しても仕事を続けたい、キャリアを磨きたいと考える女性が進む中で、ベビーシッターの需要が増えつつあります。
特に都市部でも幼稚園や保育園などに入ることができない待機児童が多くいて問題になっています。


一人ひとりの子供とじっくりと向き合えることができるベビーシッターは、子供の面倒を見るだけでなく、習い事の送迎や家でお風呂に入れたりご飯を食べさせたりと、家事代行サービスの要素も加わりつつ子供にしっかりと寄り添えることがメリットです。

人々の価値観が多様化している今、それぞれのニーズに合わせた形で幅広いサービスを行うことができます。



ベビーシッターの仕事内容は、保護者にかわって子供の保育やお世話をすることです。



働く場所は、個人のお宅であったり企業や病院の託児所、イベント会場、保育所など様々です。

親が何らかの理由で子供の面倒を見ることができない間、保護者のかわりとなり子供の世話を行います。子供のお世話の内容は、お客様となる依頼主の依頼内容によって変わりますが、子供と遊んだり勉強のサポートや身の回りのお世話を主に行います。



ベビーシッターを行ううえで重要なのは、子供の命を預かっているということを忘れずに、怪我や事故に注意しながら業務を行うことが重要です。

トラブルや重大な事故を防ぐ為にも、責任をもった行動をして常に子供の安全に注意しながらベビーシッターとしての業務を行うようにします。